432Hzは宇宙の規則性に従い光、時間、空間を統一する

僕のセミナー中でクリアリングや瞑想で流している音楽は何ですか?と質問が来ましたのでその音源について書きます。

セミナー中に使っている音源は「432Hz」です。

まず気持ちのよい音楽が心を平静にするので瞑想しやすい、という理由もありますが、波動の面から考察すると、単に癒しの音が耳障りよくいい気分になるから、だけではありません。

そこには周波数という大きな理由があります。

440Hzと430Hzは悪魔と神

音が私たちに与える影響は大きい。

普段何気に聞いている音楽だけど、こういう事がある。

世界中の音楽は国際標準化機構(ISO)が1953年に推進したA=440Hzに調整されています。

実はこの波長は、人間の行動や意識に悪影響を及ぼす可能性があることが近年わかってきました。

それとは逆にこの440Hzに近い、A=432Hzは宇宙の規則性に沿い、重力、磁気、物質はA=432Hzで振動や光、時間、空間を統一しているらしい。(「 432Hz の音楽家」として知られる、ブライアン・T・コリンズ( Brian T Collins )の言葉より)

難しい表現になってしまいましたが、要はこれまで一般的だった440Hzは人間を攻撃的に誘導するが、432Hzの波長は温かみがあって明るく、調和の心を芽生えさせるという感じだろうか。

確かに考えれば物質が優先されるこれまでの時代なら440Hzが適合したのかもしれない。それにより人間は進化したとも考えられる。

しかし、これからの時代は432Hzの時代だと僕は思う。経済も物質経済から知性経済に必ず変わる、とも思っています。

その周波数による音で人間に良いとされる波長はいくらかあるようです。

僕も瞑想時には色々と試してみましたが、僕的にはこの432Hzが一番合っているように思えるので、グループ瞑想でもこの432Hzを好みで使っているだけということです。

瞑想で大事なのは、何か一つ事に集中することです。一心不乱にある一点に集中することで、意識は集中を超え、ある時点でゾーンに入ります。これが「無我の境地」と言われるゾーンです。

意識は集中を超えると「直感」領域になり、さらに「想念」領域へと移行します。想念領域に入ると、先の事がわかる状態にもなります。

スポーツの経験がある方なら、この境地へ入ったことがある人も少なくはないと思います。集中して試合をしている時、相手の動きが予測できたことがありませんか?

その予測は「こうだろう」という曖昧なものではなく、間違いなく相手はこういう動きをする!という確信めいた閃きです。

さらにその先もありますが、ここではここで留めおきましょう(^^)

432Hz音源ダウンロード

➡432Hz(10分)

➡432Hz(20分)

➡432Hz(30分)

関連記事