2/11・3/2ライフコードセミナーに参加予定の皆様へ

2月11日(火)大阪ライフコードセミナー
3月 2日(日)倉敷ライフコードセミナー

両日のライフコードセミナーは同じく第1回目のセミナーです。

ライフコードセミナーはシリーズセミナーになっており、全6回(くらい)のセミナーで構成されています。

第1回目では人間の「潜在意識」についてワークショップを交えて学びます。

僕は二十歳の時に、これからやりたい事がたくさんありましのたで、どうやればそれらを早く実現出来るかということを日々考え、その方法を探しておりました。

その時に知ったのがこの「潜在意識」というものです。

まずはこの潜在意識とは「なんやねん」という事を追求して、そしてその潜在意識を使いこなす方法を10年くらいかけてアレヤコレヤと試しておりました。

そして分かったことは・・・

潜在意識とは自分の中にあるスーパーコンピュータであり、それが動く事でとんでもない事が出来る、ということが解りました。

でもその潜在意識の特徴として、潜在意識は善悪の判断は全然なく、潜在意識にインプットされたことを正確に実行するだけのものだということもわかりました。それこそ潜在意識はコンピュータと同じようなものなのです。

コンピュータも正しく入力すると、正しい答えが出ますが、もし少しでも間違えば自分の希望する答えは出てきません。仮に「赤い服」と入力して検索するのを間違えて「青い服」と入力すれば、絶対見つけたい赤い服は出てきません。

潜在意識も同等のものです。

そのように潜在意識には自分がインプットしたプログラムが無数にあります。

よいプログラムなら問題無いのですが、それが自分の意に反するプログラムも色々とインストールされているわけです。

潜在意識は淡々と仕事をこなすだけなので、プログラムが在ればその通り作動しますし、無ければ作動しません。

誤ってネガティブなプログラムを入れてしまっているならば、何かの状況が起こった時には、そのネガティブなプログラム通りに起こります。

そしてそのプログラムは1時間前であろうが、1000年前であろうがインストールされていれば、その通りの反応をし続けます。

たとえば1000年前に洪水で死んだ「恐怖のプログラム」が潜在意識にインストールされていれば、何か水に関する状況が起こった時、潜在意識にある「水から逃げろ」というプログラムが起こり、水に入れないという防御行動が起こります。

それが潜在意識の特徴です。

これを体感でわかるワークショップを通じて理解するのが、ライフコードセミナーの1回目です。

まずは潜在意識の働きを、顕在意識に分からせるということからはじめます。

その後回が進むごとに、この人生を左右させるほど強力な潜在意識というコンピュータの取扱い方を学ぶという段取りです。

関連記事