1/13東京ライフコードセミナーに参加頂いたみなさんへ

1月13日(月)東京でのライフコードセミナーに参加頂いたみなさんへの、補足説明としての記事を書きます。

まずこの日はライフコードセミナーの第1回目のレクチャーとして「潜在意識」とはそもそもなんなのか、という事を言葉での説明とちょっとしたドラマ仕立ての目でわかるワークショップを入れながら解説しました。

潜在意識は私たちの人生を良くも悪くも、とてもパワフルに動かす原動力なのでとても重要です。この潜在意識を自由に操ることが出来れば、相当人生が楽に楽しくなります。そのために潜在意識を徹底的に攻略する必要があるのです。

珪素瞑想(クリアリング法)

その潜在意識にあるプログラムを書き換えたり、新たに潜在意識に指示をする為に必要なのが珪素瞑想です。珪素瞑想とは僕が元来していた瞑想にケイ素を加えて勝手に作り出した、オリジナル瞑想法です。精神内の不浄なものを浄化する事も出来ますので、クリアリング法と呼ぶこともあります。

この珪素瞑想はマルチ的に使える、万能なツールです。

この日は瞑想という基本的な知識は教えずに、いきなりその方法だけを教えました。珪素瞑想はロジカルな知識を入れずとも、行えばその人に合わせて効果を発揮する事は分かっています。理屈を知ろうが知るまいが関係なく、する人に良い作用を及ぼすのです。

珪素瞑想はヒーリングシリカという最も波動の高い人工石を使います。自分の「気」を用いてクリアリングするのですが、その自分が放出する「気」を最高に増幅させるのが、このヒーリングシリカの役目です。

今回、ヒーリングシリカをはじめて自分の胸(胸腺)に当てただけで、痛みを感じた女性がいました。これはやはり波動を強く感じている証拠です。例えるなら、冷え切った体でいきなり熱い湯船に浸かったのと同じです。体が冷え切っているので、そう熱くない温度のお湯でも飛び上がるほどの熱さと思うことがあります。それと同じです。胸に当て続けていると、痛みと思えた感覚も次第に和らいだようです。

参加者のみなさんに珪素瞑想を、わずか10分間だけ実際にやって貰いましたが、感じることはみなさん色々とあったようです。

すごく眠気を感じた、という人もいました。

これは瞑想によって、脳波がアルファ波、シータ波となったので眠気を感じたのだと思います。とても正しい反応です。瞑想のまま眠ってしまっても構いません。瞑想しながら眠りにつくと、普通居眠りをしたのとは全然違い、起きた時がとてもスッキリしています。

子供の頃の嫌な思い出が蘇ってきた、という人もいました。これも自然な現象です。瞑想によって顕在意識と潜在意識の境界を曖昧にすることによって、魂は浄化したい過去の感情を伴った記憶を噴出させてきます。置き去りにされた感情を処理してほしい、という魂からの要望です。こういうネガティブな感情を伴った記憶の処理方法は、セミナーが進むにつれて教えていきます。

外国の景色や人などが見えた、という人もいました。

これは自分が経験した過去世を垣間見たのでしょう。こういう事も普通に起こってきます。まあ今は、そういうものが見えたと思っていればいいでしょう。今後意識レベルを高めるトレーニングをしていきますので、そのビジョンの意味も解るようになってきます。今は車窓の景色を楽しむように眺めていればいいですね。

魂の中にはこれまで生きてきた過去のすべてのデータが貯蔵されています。それは今世だけに限らず過去世のすべてのデータが保存されています。瞑想することによって、魂はその過去世の記憶の中から書き換えたいデータを引き出し始めます。

その他、体の中のチャクラと言われる部分がジンジンしてきたり温かく感じたりします。それはその部分のチャクラが活性している証拠です。珪素瞑想すると自分のチャクラの中の活性して欲しい部分が反応します。これは人によってチャクラの位置はそれぞれに違います。

反応はその人によって、様々でしたが最初からなんらかの反応が起こったようですね。

生まれてはじめて瞑想をした、という人にとっては上出来ではないでしょうか。

まずは心にシャワーを浴びるような感覚で、日々10分でいいので続けてみて下さい。

さらに色んなことを体感出来ると思います。

瞑想についての詳しいレクチャーは、ライフコード第3回目で詳しくお話します。

関連記事