戦場を見た過去世体験談/京都ライフコードセミナー

1月29日(水)は京都山科にて東末純子さんに主宰して貰って、ライフコードセミナーを開催しました。

この日は変性意識状態に入る為には必須の「集中力」を高めるトレーニング法を教えました。

集中の臨界点を超えた処が「変性意識状態」と言われる、一種の超能力状態になる領域があります。そこに到達する為に必要な集中力を養うトレーニング法を教えました。

これがなかなか楽しいので、みんなまるで学生に還ったように夢中になって楽しみながら毎回行います。

その後は、ケイ素のヒーリングシリカと言う特殊なパワーストンを使っての瞑想をしました。前回もしたのですが、これはとても重要なテクニックなので毎回行います。

瞑想についての詳しい講義は次回のライフコードセミナーにて解説します。

まぁ、瞑想自体がはじめての方が多いので、10分程度の瞑想を体験して貰うと、気持ちよく眠ってしまったという方がほとんどです。

でも、この珪素瞑想はとても簡易なものですが、実はその効果は絶大なものがあります。

大抵セミナーの参加者の中で、一人か二人かははじめてする珪素瞑想でも、いきなり自分の過去世の場面が蘇る人がいます。これは瞑想が深い状態に入り、魂というデータベースにアクセス出来た結果です。

今回は参加者で一番若いTくんという方が、どうやら自分の過去世の一場面を思い出したようです。

Tくんから感想文を頂き、承諾を得ましたので参考に掲載します。

昨日はどうもありがとうございました!

本当に、自分でもセミナーから帰る時に感じました。

エネルギーが湧いてきた、って。

普段ああいった知らない人と関わる場面だと必ずぐったり疲れてしまうのですが、むしろピンピンしています٩(´︶`)۶

外の人混みはいろんな波動が入り混じっているからしんどくなるのかもしれませんね!

作り笑顔なしで過ごせたのも本当に珍しいです(o´罒`o)

最初のハイタッチから始まって、最後はみんな笑顔になってましたね😊

瞑想で戦争のお話もできてよかったです。

初めての珪素瞑想の時からずっと戦争が引っかかってたんですよね。

で…昨夜から考えていたんです。

・幼い頃、戦隊モノが好きでなかった

・学校で殴られた時、軽く蹴り返したことで涙が出てしまうくらい逆に苦しくなった

・ゲーム内で動物を倒して食料を得ることさえも泣きそうになった

・集団的自衛権(僕が中1)の時から政治に対しての極度の不安

…いろいろ繋がってきました。

断言はできないけれど、この繋がりを知れたことでワンステップ進めた気がします。潜在意識にあるネガティブなプログラム、すぐに解除はできないとしても、きっとできる日は近いです。

そう感じます。

こういう言い方は使わないかもしれませんが、「大収穫」でした🍀

実は前日に狂って泣き叫ぶようなことがあって、瞑想中も頭が締め付けられて泣いていました。最初はトランスかと思っていましたが、後から考えてみると多分、魂が訴えていたのかなって思いました。どうか、過去のつらいことを浄化してくれ、って。

きっと、新たなスタートラインに立てました。

行ってよかった…!って強く感じています。

本当にありがとうございました^^✨

僕のセミナーで一貫して伝えていることは「人間の持つ波動を高める」ということです。その為にセミナーでは終始して参加者の波動を、そこに居ながらにして高めるという工夫を凝らしています。

波動とは、そのモノが持つ一定の振動数の事です。

その振動数が低いと、人間の場合では免疫力も弱り、マイナス思考が働いて最後には病気になってしまいます。

振動数が高いとそうそう病気にはなりません。

というのが僕の持論です。

そして波動が高まり、知性が高まると顕在意識と潜在意識、そして魂とが繋がり出します。大事なのは顕在意識と魂を一致させることが最も大事です。

瞑想で深い状態に入ると、魂からのメッセージを察知出来るようになります。これが顕在意識と魂が一致する、ということです。

魂は現在の自分に必要なメッセージを常に顕在意識に送って来てくれています。しかし、波動が低いとこれをキャッチすることが出来ません。

魂からのメッセージは、今の自分にとってとても重要な内容です。

Tくんの場合も、瞑想状態で今の自分に必要な過去世の記憶が蘇ってきたのだと思います。集中力を高めて、深い瞑想状態に入れば誰でも魂とアクセス出来るようになります。

Tくんは、どうやら戦場で戦っている記憶が蘇ってきたようです。

Tくんから聞く所によると、戦場のシーンで自分が銃を構えてとても絶望的な気持ちになり茫然自失としているところでいつも記憶が途絶えるようです。

この記憶と記憶から来る感情が、現在のネガティブな潜在意識のプログラムになっている可能性が高いですね。

人は何百回と輪廻転生を繰り返し、すべての経験を積みます。なぜなら魂がそれを望み、すべての体験をしたいからです。そしてそこから「真理」に辿り着きます。
最終の真理は「愛と感謝」です。

すべての体験をしますので、人を殺すという体験もするでしょうし、殺されるという体験ももちろん何度もします。

どんな経験もしますが、経験自体が重要なことではありません。その体験から「気づき」を得るということが大事なわけです。

自分にとって必要な「気づき」を得れると、潜在意識に組み込まれているネガティブなプログラムは抹消されます。

戦場のシーンで自分が銃を構えてとても絶望的な気持ちになり唖然としているところでいつも記憶が途絶える、という事は二通りの事が考えられます。

銃撃戦の中で、撃たれて絶命した。

もしくは、敵兵を自分が撃ち殺したのか。

そこで記憶が途絶えるということは、魂がそれ以上を見せる必要がない、という判断からかもしれません。

どちらにせよ、それ以降は必要でないのかもしれません。

この体験より、必要な「気づき」は彼自身にしか分からないのです。

その「気づき」を徹底的に自分で考えるということが必要です。

考えて考え抜いた時、自らのインスピレーションで理解出来ます。

その時に、彼は本当に成長することだろうと思います。

ライフコードのライフとは人生。コードとは暗号という意味で、ライフコードとは魂にある人生の暗号という意味です。

それを読み解き、今の人生をよりよくするのがライフコードのテクニックです。

関連記事