ライフコード感想文in愛知

愛知県豊橋市(主宰:こじぞうさん)で、ライフコードを学ばれているうめむらさんからライフコードを受講された感想を頂きましたので、シェアします。

今多くの方がライフコードというメソッドを学ばれていますが、彼女は取り分け僕が教える理論とテクニックを人一番理解しようとしてくれた一人です。

そこまで吸収しようとしてくるのは、何よりも教える側としては嬉しいですね。

彼女は最近ではヒーリングシリカの波動も分かってきたみたいで、魂からのメッセージ(ライフコード)も少しずつ解き明かしているようです。

ライフコードは与えられたり、癒されたりするものではなく、与えられたツールで自分で自分を解き明かしていくノウハウなので、単に与えて欲しい人には不向きですね。

これからさらに自分自身の知りたい部分が解き明かされて行くことでしょう。

そのプロセスがドラマティックであり、感動的なのですよ。

この世で一番ミステリアスであり、感動するものは自分の内面だと僕は思っています。

≪ライフコードセミナーに興味を持った理由≫

自分は何のためにこの世に生まれてきたのか?

自分の居場所はどこなのか?

私はいつも、漠然とした疑問を持っていました。

家族はいるし、働く場所もちゃんとある。

だけど、この環境、この意識のまま、だらだらと生きていていいのだろうか?

その想いは靄のように心に留まり続けていて、その答えを見つけたいとずっと思っていました。

だけど、誰かに答えを教えてもらうとか覚醒させてもらうとか、はたまたツールやグッズに頼るとか、そんな他力本願は嫌だな、という気持ちもありました。だってそれがなくなってしまったら…。

そんな折、うっしーさんのライフコードセミナーの存在を知りました。

「自分らしく生きることを邪魔している潜在意識の負のプログラムを解消し、本来の自分に還る。」「魂の暗号を解き明かして、使命を全うする。」

牛王田さんが長年かけて見つけ出したこの世の仕組みや、自分自身で答えを導きだすためのテクニックを教えてくださるというのです。

「これならずっと探していた答えが見つかるのでは。」と直感しました。

≪ライフコードセミナーに参加して≫

コロナの影響で第4回目以降は未定になっていますが、過去3回目のセミナーでは、魂と理性を一致させることの重要性や、ゾーンに入りやすくするための集中力アップ法、過去世を思い出しやすくする方法として珪素瞑想などを実践を交えて教えてもらいました。

その中に、瞑想などにより過去世を思い出すというメソッドがあり、セミナー中も思い出した人が何人もいました。

また、うっしーさんはセミナーで「何度も同じ夢という形で魂がメッセージを送ってくることもある」と仰っていました。

私は瞑想で過去世が出てきたことは(未だに)ないのですが、うっしーさんのその言葉を聞いて、昔繰り返し見ていた夢が、過去世であったと気づきました。
そして後日うっしーさんに夢のことを伝え、いかに自分が過去世の感情に縛られて生きてきたのか改めて思い知らされました。

さらに同時期、「広告」という形で、過去世の私にそっくりなシチュエーションがしつこいぐらい視覚に入ってきていたことにも気づきました。

きっと魂がメッセージを送ってくれていたのですね。

≪セミナー後の変化≫

ケイ素セミナーやライフコードセミナーに参加するようになってからまだ1年ほどですが、自分の意識や人間関係は確実に変わってきているようです。

例えば約1年前の私は、足田さんと同様にFacebookの「いいね!」を押すなんて絶対ないと思ってましたしmessengerも怖くてノーリアクション。

人見知りが激しくあがり症で、大勢の人の前でしゃべることはもちろん、1対1なんてガチガチに身構えてしまう。だから電話も大の苦手でした。

今でも克服したわけではありませんが、少しずつ人づきあいができるようになってきたように感じます。

まさか自分がFacebookに投稿するなんて、ケイ素やライフコードに出会う前の私からは考えられない変化です。

自分の使命や居場所は、ゆっくりと見つけていけたらいいなと思っています。

今は、「ちょっとドキドキだけど、お話ししてみようかな。」「アホな投稿して人から笑われても、まぁいいか(笑)。」

そんな風に思えることが嬉しいです。

関連記事